沖縄でアルコール・ギャンブル・薬物依存症にお困りでしたらアルプスセンターへご相談下さい。

サービス

生活訓練

断酒に役立つ学習会やミーティングなど中心にプログラムを提供しています。金銭管理、抗酒剤の服薬管理、通院支援、自助グループへの送迎など断酒に必要な支援を中心におこないます。またそれだけでなく、酒をやめた後の生活が充実したものとなるよう趣味を見つけるためのプログラムや体力づくりを行う時間もあります。

生活訓練の様子

特徴

金銭管理

ご家族、本人に代わって金銭管理を行います。これにより余分な家族の負担が軽減するだけでなく本人が無駄なお金を持たないことで再飲酒の危機を乗り越えられます。

抗酒剤の服薬

アルプスセンターの職員が毎朝、本人に抗酒剤を手渡しして目の前で服薬してもらうことで断酒継続に役立てます。

通院支援

毎週金曜日の午前中に提携医療機関である、糸満晴明病院までスタッフ付き添いでご自宅から病院まで送迎を行います。

自助グループへの送迎

断酒生活を継続するために必要不可欠な自助グループへの参加支援致します。
アルプスセンターのプログラム終了後、自助グループ会場までスタッフ同伴で行きます。
自助グループ終了後は、自宅まで送迎致します。

就労訓練

生活訓練が終了し、既に安定した断酒生活が身に付いた方を中心にしたサービスです。本格的な社会復帰をする前に、就労プログラムに参加して焦らずじっくり、社会復帰を目指します。またこちらのサービスは、依存症の方以外の障がいをもった方もご利用することが出来ます。

就労支援の画像

就労訓練で作った制作物の数々

革製品の制作販売

コーヒー豆の焙煎袋詰め、販売

Tシャツのタグ付け